2010年04月20日

時効撤廃・延長法案を可決=人命奪う犯罪対象−参院法務委(時事通信)

 参院法務委員会は13日、殺人など凶悪事件の公訴時効の撤廃を盛り込んだ、刑法と刑事訴訟法の改正案を与野党の賛成多数で可決した。共産党は国民的な議論が不十分として反対した。参院先議の改正案は14日の本会議で可決、衆院に送付される運びだ。
 改正案は殺人や強盗殺人など、最高刑が死刑となる罪の時効(現行25年)を撤廃。また、最高刑が無期懲役以下の人命を奪う罪の時効を原則2倍に延長する。改正は犯罪被害者の遺族の感情を踏まえた措置で、改正法施行時に時効が成立していない過去の未解決事件にも適用する。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔用語解説〕「中国の死刑制度」
〔用語解説〕「海外での日本人死刑問題」
大型スクーターでひったくり=被害品の処分役複数か

セフカペン製剤の特許訴訟で勝訴―沢井製薬(医療介護CBニュース)
不明3人か、遺体発見=愛知の資材置き場−放置車遺体と関連捜査・長野県警(時事通信)
「起こるべくしておこった」石破氏、日米会談で普天間進展なし批判(産経新聞)
家庭に眠るライター回収検討へ…省庁担当者会議(読売新聞)
川端康成文学賞に高樹のぶ子さん(時事通信)
posted by サワノ テチオ at 22:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。