2010年03月31日

規定ない“名誉顧問”に給与月50万円 立命館(産経新聞)

 学校法人立命館が、北海道にある系列中学高校の創立者(故人)の妻だった女性(80)を「名誉顧問」に据え、約10年にわたりアルバイト料名目で月50万円を支払っていることが30日、同法人への取材で分かった。学内に名誉顧問についての規定はなく、景気低迷で学生の学費滞納などが表面化する中、批判の声もあがりそうだ。

 関係者によると、中学高校は女性の夫が昭和10年に設立。平成7年に立命館が系列校にした。その際、立命館は夫から自宅の土地など約1億3千万円相当の寄付を受け、立命館は夫と、夫の死後は妻に月額50万円を支払う覚書を交わしたという。

 夫は平成10年に死去。立命館は覚書に従い稟議で女性を学内の規定にはない「名誉顧問」に選任した上で、役員報酬としてではなく、アルバイト料名目で給与を支払っている。

 女性は京都市内に在住しており、立命館系列の学校に勤務した実績はないという。学校側は「稟議で決まったことで問題はないと考える」とし、今後も支払いを継続する方針という。

【関連記事】
京都・立命館宇治中入試で出題ミス 4人追加合格
ブランド大苦戦の中、関西大が新設含め5校参入 私立大生き残りへ
「大麻使用見たことある」3・7% 関関同立新入生調査
大学ブランド通用せず? 関西で提携高校が苦戦
転機迎えた受験ビジネス 通じぬ「ブランド」
あれから、15年 地下鉄サリン事件

特養の介護職員、医療行為の一部容認へ(読売新聞)
<年金記録回復委>脱退手当金巡り、救済認める基準(毎日新聞)
<訃報>清水一行さん79歳=作家、「小説・兜町」など(毎日新聞)
普天間問題「皆が納得する案を努力している」 防衛政務官、米国防次官補と会談(産経新聞)
医薬品ネット販売規制は適法=通販会社の無効請求退ける−東京地裁(時事通信)
posted by サワノ テチオ at 23:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。